BORN TO BE FASHION

人口減少率日本一の北九州市にて服屋やってます。これからの服屋って何ができるのだろう?お客さん自身の向上(外見も中身の)にお手伝いできる発信を求めて日々奮闘中です。「装いだけでなく生き方そのものがファッション」がコンセプト。旬なファッション情報やコーディネイト・テクニックからあなたの中身から磨くファッション・マインドまでお伝えします。どうぞ仲良くしてやってください。


BORN TO BE FASHION - 装いだけではなく生き方そのものがファッションとなる -

洋梨はいかが?


今シーズンのトレンドとして、ステンカラーのコートやGジャン、ノーカラーのシャツなどが旬のアイテムとしてよく取り上げられていますね。
確かに今年っぽいのですが、定番っちゃ定番なんで普通に着ちゃうとなんか新鮮な気持ちになれないという方も少なくないのではないでしょうか?


でもご安心ください。

新しいスタイルのパンツで新鮮な風をお届けします。



どんなものかといえば、
それはズバリ・・・

「7〜8部丈でちょっとドレス感のあるパンツ」
(ズバリって感じでもないかw)
です。


あえてコットンではなく、サマーウールやリネンのナチュラルな微光沢がありきれいで独特な発色(←ここがドレス感)で、シルエットは腰回りから太ももにかけてゆるく裾に向かってシュッと細くなるテーパード型が良いです。

ここ数年サルエルパンツの復興と同時期に、ジョッパーズパンツも復活してますが、現代的にアップデートされたジョッパーズも該当しますね。


それからもう一つ。


今季新しく見直されているのが・・・


「ペグトップパンツ」


と言っても耳慣れない方も多いですよね。

 

ペグトップというのは「洋ナシ型」のシルエットのことで、タックがあるのが特徴で1タックまたは2タックが入り腰のやや高い位置からゆったりとしながら、裾に向かってテーパードしています。
これをくるぶしをしっかり見せて短めに履くのが現代風。

レディースでガウチョパンツが流行ってますが、男でさすがにガウチョは辛い(笑)

しかしこのガウチョの流れからだとメンズは80年代に流行ったこのペグトップに行くのは自然な流れですね。

トップスは普通のTシャツでも、このパンツ履くだけであら不思議!
おめでとうございます。
80年代風で今年っぽく仕上がるんです♪



ん・・・・・


でもこれって・・・

あれ?気がついちゃいました?

そうそう!なめ猫とかビーバップ(Jazzの方じゃないよ)とか思い出しました?
そうなんです、いわゆる「ボンタン」ってやつ(笑)


冗談はさておき、新しいペグトップを履いてみると今の空気感がたっぷりで新鮮なんです。
ボク、思わず色違いで購入してしまいました(笑)


今年の春夏はペグトップをぜひお試しあれ!


 

f:id:kathuaki:20160310200131j:plain


f:id:kathuaki:20160310201721j:plain


f:id:kathuaki:20160310201748j:plain

f:id:kathuaki:20160310201806j:plain