読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO BE FASHION

セレクトショップ " moongate "のバイヤー兼オーナーのブログです。「装いだけでなく生き方そのものがファッション」をコンセプトに、旬なファッション情報や簡単なテクニックでセンス良く見える方法、ブランドの展示会情報などファッションにまつわるあれこれをお伝えします。たまに入荷商品もアップします(笑)どうぞ仲良くしてやってください。


BORN TO BE FASHION - 装いだけではなく生き方そのものがファッションとなる -

冒険映画は衣装が気になってしょうがない


THE REVENANT 〜蘇えりし者〜

観てきました。

凄まじい映画でした。

生死を彷徨う息遣い、叫びにならない怒り・・・
生への執着、いや、一念を貫く激情。

鬼気迫るディカプリオの無言の演技が素晴らしかったです!

悲願のアカデミー賞なんて言われてますが、今回はダントツだったのではないでしょうか。


にしても、巨大熊に襲われるシーンは、作り物とはわかっていながらも肝が冷えました。。。
その他サバイバルシーンも含め、精神的に弱ってる人は観ない方がいいかも(マジで)


熊にもアカデミー賞あげてほしい(笑)


しかし、パイレーツ・オブ・カリビアンとかこういう冒険者たちの映画を観ると、布や革を無造作に身体に巻きつけていたり、くたびれたブーツだったり、石や動物の骨などのゴツめアクセサリーだったり、そんなリスクテイカー然とした男っぽいファッションにもつい熱中しちゃうんですよね(笑)


この映画の中でも、毛布にしてあったバッファローか何かの毛皮を、ポンチョのようにして防寒具にするシーンがあるんですけど、ついまた職業病を発症し「あれくそ重いやろな、でもカッチョええな」なんて気になって仕方ありませんでした(笑)



f:id:kathuaki:20160505125519j:plain


f:id:kathuaki:20160505125552j:plain