BORN TO BE FASHION

人口減少率日本一の北九州市にて服屋やってます。これからの服屋って何ができるのだろう?お客さん自身の向上(外見も中身の)にお手伝いできる発信を求めて日々奮闘中です。「装いだけでなく生き方そのものがファッション」がコンセプト。旬なファッション情報やコーディネイト・テクニックからあなたの中身から磨くファッション・マインドまでお伝えします。どうぞ仲良くしてやってください。


BORN TO BE FASHION - 装いだけではなく生き方そのものがファッションとなる -

ボーダーは定期便


今年そしてこの時期、服屋でもっとも見かけるデザインのひとつが、ボーダーシャツではないでしょうか。

定番として消えることなく存在しつつ、定期的に盛り上がるって感じでしょうか。
安定感がありながらもシルエットやサイズ感で時には流行の香りも出せる。
早い話、いつ着ようがいい(笑)
先日の記事の「花柄」も同じような立ち位置ですね。
花柄着て街へ出よう - BORN TO BE FASHION


ボーダーといえばフランス。

ブルターニュ地方の漁師が22本の青と白のストライプをその地域の誇りとし、また海に落ちても目立ちやすいようにと長年愛されてきました。
(そんな誇りの発展がイギリス貴族のタータン、和服の家紋だったりするんでしょうね)
1858年に正式にフランス政府の海軍の軍服として生産され、のちにロシア軍もこれを採用したそうです。
つまり軍服でもあるんですね。

ボーダー好きとして、すぐに頭に思い浮かぶのはアンディ・ウォーホルかなぁ〜。
他にもピカソやカート・コバーン、ジャームス・ディーン・・・などなど。
ゴルチェも恣意的に着てましたね。

また、男服であったスーツを女性でも着られるようにデザインしたココ・シャネルは、このボーダーも同様に漁師が着ているのを見て女性用に仕立て直しました。
オードリー・ヘップバーンやジェーン・バーキンが着ることにより、女性の間でも広まりました。

しかし、最初は「仕事着がおしゃれ」というのは社会から反発もあったようです。

WW2後に急成長したパリの若者文化に受け入れられ大流行しました。
一気に突き抜けた後は定番として落ち着きました。


そんな歴史に思いを馳せながら着るのもまた一興です。
だからと言って、知ってたらセンスアップ!ってわけでもありませんのであしからず(笑)

(MEN'S FASHION BIBLE より参照)

 

f:id:kathuaki:20160525174204j:plain

f:id:kathuaki:20160525174206j:plain

f:id:kathuaki:20160525174210j:plain

f:id:kathuaki:20160525174220j:plain

 

日本でボーダーといえばこの人(笑)

グアシっ!

f:id:kathuaki:20160525174224j:plain



◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
moongate(ムーンゲイト)

〒802-0007 福岡県北九州市小倉北区船場町6ー18プルミエ1F
http://www.moongate.biz/
mail: info@moongate.biz , moongate@zephyr.dti.ne.jp
tel/fax: 0935513757
営業時間: 11~20時
定休日: 火曜日
臨時休業などのお知らせはお手数ですがHPでご確認下さいませ

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇