読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BORN TO BE FASHION

セレクトショップ " moongate "のバイヤー兼オーナーのブログです。「装いだけでなく生き方そのものがファッション」をコンセプトに、旬なファッション情報や簡単なテクニックでセンス良く見える方法、ブランドの展示会情報などファッションにまつわるあれこれをお伝えします。たまに入荷商品もアップします(笑)どうぞ仲良くしてやってください。


BORN TO BE FASHION - 装いだけではなく生き方そのものがファッションとなる -

ひとりにグサッと刺さればいい

ときどき・・・いや、しょっちゅうか。

「そんなの誰が買うん?」とお客様から言われることがあります(笑)

でも、そう言うお客様が買った商品も他の誰かに「これ買う人(買える人)いるの?」と称賛(?)されたアイテムであったりします(笑)

 

ご存知の方も多いですが、ウチの店頭には特殊な生地や独特な柄のものだったり(そういうのは決まって高額)、とても普通の人向けではない商品が平然と並んでいます。

 

多くの人からはダメだしされるけど、一部の人には深く刺さる。

 

ちょっと言い方を変えると、とりあえずそこそこのお洒落なものって、すでに多くの店やネットショップで出回っていたり、ファストファッションでも扱っていたりします。

そんな商品を路面店のセレクトショップで扱う意味があるのかな?

目先の利益は少しは取れるかもしれないけどね・・・

 

個性の強いものって、リスクが高いでしょ?と思われがち。

確かにバイヤーの個人的趣向で仕入れたものはリスク高いですが、よくお客様と話し観察し小さなサインを見逃さないようにしていると、喜んでもらえそうなものがわかるようになってきます。

たくさん服が並んでる展示会でも、まるでそこに光が差しているように「これ〇〇さん好きだろうな♪」って。

特定のお客様の趣向をガッチリと掴んだうえで「喜んでもらるか否か」という視点は、逆にリスクを小さくします。

これは「売れるかどうか」というのとちょっと感覚が違う。

 

大手でもペルソナ(お客様を具体的に年齢・性別・居住地・職業・家族構成・趣味などをできるだけ明確にイメージすること)を活用して、販売戦略を立てると聞きますが、当店のような個店では、ペルソナなんていちいちイメージしなくてもいいと思ってます。

だって、目の前にいるもん、何年もお付合い頂いているお客様たちが。

 

例えば、あのお客さまは最近またニルバーナを聞いてると言ってたな、じゃあ、カートコバーンをイメージするもの、ボーダーのモヘアニットやクラッシュデニムじゃ、ベタだから少し違うアプローチをしてみようとか。

色々とイメージすることができる。

 

そうやって、一人一人を顔を思い浮かべながら商品の構成を組んでいくと、不思議と他のお客様まで喜んでいただけることも少なくないのです。

これってパレートの法則かな?(笑)

 

この先もあっと言わせ驚いて喜んで頂けるような品揃えを目指しますんで、デザイナーの皆さん!たとえウチだけの発注でも、できるだけドロップにしないでね(笑)

 

 

BACKLASH
Fox & Rabbit Fur Stole ¥79,920 [tax in]

f:id:kathuaki:20160917184841j:plain

 

BACKLASH
Leather Pants ¥189,000 [tax in]

f:id:kathuaki:20160917185742j:plain

 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

moongate - ムーンゲイト -


web: http://www.moongate.biz

facebook: https://www.facebook.com/moongate.info/

instagram: moongate_official

 

〒802-0007 福岡県北九州市小倉北区船場町6ー18プルミエ1F

mail: info@moongate.biz

tel/fax: 0935513757

営業時間: 11~20時 定休日: 火曜日

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇