BORN TO BE FASHION

人口減少率日本一の北九州市にて服屋やってます。これからの服屋って何ができるのだろう?お客さん自身の向上(外見も中身の)にお手伝いできる発信を求めて日々奮闘中です。「装いだけでなく生き方そのものがファッション」がコンセプト。旬なファッション情報やコーディネイト・テクニックからあなたの中身から磨くファッション・マインドまでお伝えします。どうぞ仲良くしてやってください。


BORN TO BE FASHION - 装いだけではなく生き方そのものがファッションとなる -

The Viridi-anne | Leather Sneaker - シンプルとはデザインしないことじゃない

f:id:kathuaki:20171012090028j:plain

 

おはようございます。

吉田です。

 

朝、娘と小学校の校門前で別れ、店までの数百メートルをゆくっり歩く。

この10数分間が、ブログに書くことを頭でまとめる時間。

 

BGMは昔ながらの錆びついたPUNKだったり、まだあまり知らていないような最新のハウスだったり、甘ったるいラブソングだったり・・・。

 

お店に着くとそのままの勢いで書いてますので、誤字脱字はご容赦ください。

読み返して校正とかしてないもんで(笑)。

 

 

さて今日は、The Viridi-anneのレザースニーカー。

 

f:id:kathuaki:20171012090655j:plain

 

いうまでもないですが、本来スニーカーはスポーツアイテム。

グラウンドの砂埃、汗の匂いなどのイメージだったものが、今はもうファッション要素の割合が大きくなって、無機質を感じる都会的で洗練されたシーンの方が似合うスニーカーが増えてきましたよね。

 

これもそんな一足。

 

ストラップ・ジップアップ・レースアップ、一見過剰とも思えるディテールが不思議としっくりまとまっているデザイン。

「シンプル至上主義」を言い訳に、デザインを手抜きしているものなど足下にも及ばない。

 

シンプルとは、デザインしないことじゃない。

 

 

f:id:kathuaki:20171012092346j:plain

 

f:id:kathuaki:20171012092417j:plain

 

 

スニーカーなのに、ブーツやレザーシューズ以上のラグジュアリーを感じさせる皮肉めいた存在感にニヤリとしてしまう(笑)

 

ジーンズよりも、フランネルやツイードのようなウールのきれいなパンツに合わせたい。

 

楽ちんとか、快適とか、そんなのが主流の世の中。

何もかも解放すればいいってもんじゃない。

 

どこかストイックさを感じさせるもの。

そんな人はいつの時代でも格好良い。

 

 

f:id:kathuaki:20171012092442j:plain

 

 

Leather Hi-Cut Sneaker
 
Brand: The Viridi-anne
Season: 2017AW
Art: VI2819-09
Color: Black
Quality: Steer Leather/Deer Skin
Size: 1(26), 2(27)
Price: ¥52,920(税別¥49,000)

https://www.moongate.biz/?pid=121277329

 

www.moongate.biz