BORN TO BE FASHION

人口減少率日本一の北九州市にて服屋やってます。これからの服屋って何ができるのだろう?お客さん自身の向上(外見も中身の)にお手伝いできる発信を求めて日々奮闘中です。「装いだけでなく生き方そのものがファッション」がコンセプト。旬なファッション情報やコーディネイト・テクニックからあなたの中身から磨くファッション・マインドまでお伝えします。どうぞ仲良くしてやってください。


BORN TO BE FASHION - 装いだけではなく生き方そのものがファッションとなる -

いま笑えるくらい売上が悪いです

f:id:kathuaki:20171030093130j:plain

 

こんにちわ。

吉田です。

 

今日はちょっとネガティブな話です。

自分の気持ちを吐き出すために書いてます。

 

嫌いな方はスルーしちゃってください。

 

 

実は、9月から10月現在おそろしく売上が悪いです。

昨年比で見るとなんと40%減。

ここまで悪いのは創業以来初めてです。

 

 

唯一変わらないのは客単価。

9月は6万数千円、10月は8万数千円で例年と同じくらい。

 

 

来客数が目に見えて少ないです。

 

真っ先に思い当たるのは『移転は失敗?』ってことなのですが、

これはなんとも言えない。

比較できるものがないので、移転しなくても来客数が悪かったかもしれない。

 

では「集客ができていない」ということだろうか?

いつも通り、手書きのDMからブログ、HP、SNSと情報発信を行なっているが、では「そのいつも通りやっていることがダメ」なのだろうか?

それが40%減につながる理由になるのも不自然な気がする。

 

つまりは情けない話、原因がよくわかっていないということです。

もっと客観的な視点で考えると見えなかった原因が明らかになるかもしれませんが。

 

 

ほぼ全ブランド動きが鈍いけれど、これまでよく売れていたブランドさえ売れなくなっています。

 

まずい。

 

さて、どうする?

 

 

来年で20周年。

 

これを区切りに新しい経営スタイルに移行しようと思っていたのですが、それまでもたない可能性も出てきました。

 

「チャンスはピンチの顔してやってくる」というが、

全然わからない。